バイオクリーンの基剤は永久的

バイオクリーンの基剤はアシドロ菌が生ゴミを栄養として無限に増えていきます。
酸性の環境でも元気に働く菌ですので、何年でも何十年でも。
(何千年何億年、元気に働き続けるのではないかと思っています。)

このところ、コロナの影響で家庭に自粛で引きこもる割合が多くなり、生ゴミを解決したいということで生ごみ処理機が売れています。

そのようななかきょう、ご質問をメールでいただきましたので、お電話で回答させていただきました。

ご質問「5月に入りましたら基材の方が全体的に濡れた感じになり纏まりが出来る様になってしまいました。生ゴミは問題なく分解されている様ですがこのまま使い続けても問題ないでしょうか?」

基剤は、生ゴミを入れないで2、3日運転すると元に戻ります。

ご確認いただきたい点は以下の3点です。

1。庫内上部にある、水蒸気の取り出し口付近が土で塞がれていないか?
2。水蒸気の排出用のホースは下を向いているか?
3。基剤の量は適量か。適時取り出して羽の上部が見えるようにしてください。

なにかごご質問がございましたらいつでもお問い合わせください。