SDGsと生ごみ処理機「バイオクリーン(BioClean)」

持続可能な開発目標(SDGs)とは2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組むものです。

バイオ式生ゴミ処理機の減容率は実験では87.5%(仕様85%)。温風乾燥式生ごみ処理機は高温乾燥後の生ごみは分解されないままなので高々70%。バイオ式は生ゴミがコンポストに生まれ変わり肥料として活用できます。減容率が高く環境に優しいバイオ式生ごみ処理機普及を望みます。都市部もマンションベランダに設置可能です。

これが全家庭に設置されれば、ゴミ収集車は週に1度の収集でも十分です。

このSDGsに、バイオ式生ごみ処理機バイオクリーンBioCleanが貢献することと思います。