2019/11/23 12:29 JST

名古屋市の企業および三次市の方からバイオ式生ごみ処理機ご購入

名古屋市の企業および三次市の方からバイオ式生ごみ処理機ご購入がありました。

いずれも生ごみ処理機の補助金制度はありませんでした。

バイオクリーンは、1日あたり2キロという大容量を処理できます。
処理量が大きければ、処理時間が長くかかり、電気代が多くかかることになりますが、処理量が少なければエコモード、待機時間が長くなるので電気代がほとんどかかりません。

生ごみ処理機の比較表で、バイオクリーンの電気料金が多くなっているサイトがありますが、処理量がバイオクリーンは大きいためであり、他の処理機同様の処理量であれば同じように電気料金がかからなくないことになります。