2019/06/17 15:58 JST

故障かな?と思ったら 高温にならない

バイオクリーンは、生ゴミが処理できて無くなったらエコモードになり、高温になりません。

ただ、本当に処理済みだったら良いのですが、まだ生ゴミが分解されていないのに低温のまま、というケースがあります。

生ゴミがあるかどうかは、湿気のセンサーで判断していますので、エコモードを解除するために、水を少し加えて、湿度を上げると、再び高温になって、生ゴミの処理速度が早まります。

バイオクリーンの基材、©️アシドロコンポストは、高温でもっともよく働く性質があります。

なお、蓋を開けたまま運転しているのを確認したい場合は、磁石を蓋の内側に近づけると、蓋が閉まっていると機械が認識して、回転を始めます。