2019/06/17 16:10 JST

脱臭装置も交換不要・電力不要

業務用生ごみ処理機には、脱臭装置が附属します。

生ごみ処理機 脱臭装置

アシドロ®コンポスト分解方式による生ごみや屎尿の分解は、酸性で進行するのが特徴です。このため、生ごみ処理機の臭いの原因となるアンモニアの揮散が抑えられ、他のコンポスト化プロセスと比べて臭いが低減されます。
さらに、排気は脱臭装置を通って排出されるため、複合微生物脱臭方式の効果で、より強力に臭いをカットします。

複合微生物脱臭方式

産業技術総合研究所のご指導を受けて開発した「複合微生物脱臭方式」は、自然界の微生物を利用した脱臭方式です。生ごみ処理機の排気が脱臭装置に流れ込むと、脱臭チップ内の微生物が、臭気の原因となる物質を分解し、脱臭された排気だけが空気中に排出されます。脱臭剤の交換や、電気等のエネルギーを必要とせず、脱臭効果が長時間持続する脱臭方式です。